おかやナビ HOMEへ

神の木

樹齢1000年を超えるケヤキの大木で、胸高幹囲530cm。現在は主幹が切られた横から、2本の枝が大きく広がって異様な樹形をしているが、盛んな頃はさぞや壮麗な大木であったろうと想像させる。春の芽吹きの状態から農作物の出来を占ったといわれ、そのため陽気木とも呼ばれ大切にされてきた。

スポット名
神の木


マップを起動する



クチコミを投稿する

ツイートする