おかやナビ HOMEへ

旧渡辺家住宅

代々高島藩に仕えた散居武士(城下町ではなく在郷の村々に住んだ藩士)の家で、現存する武士の家としては全国的にも貴重で、県宝に指定されている。建築は18世紀中ごろとされ、その後19世紀に改築。土間が広く、農家とよく似た間取りだが、中床をそなえた座敷などに具家住宅としての特徴が見られる。

スポット名
旧渡辺家住宅


マップを起動する



クチコミを投稿する

ツイートする